憂きまど

タイトルは「憂き事のまどろむ程は忘られて覚むれば夢の心地こそすれ」より。某大学国文学修士だった人が趣味丸出しでおくる、アニメや小説の感想を中心になんでも。絵を描けない私は文を書く。超気まぐれ更新。読んだ本はこちら→https://bookmeter.com/users/337037

ソシャゲに対しての雑感

 皆さんはソシャゲというものをやっているだろうか。Twitterに今回のガチャ結果がどうの、というスクショばかり貼っている人もいるかもしれない。スマホでできるアレである。

 私も、昨年にリリースされた『戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED』を熱心にプレイしている。微課金プレイだが、なかなか楽しく遊べている。

 さて、ソシャゲには様々なものがある。よく見かけるのが『FGO』だ。これは元々何クラスタだとか、そういう垣根を越えてプレイしている人が多い印象である。時々Twitterのトレンド上位に関連ワードが居座っていたりする。他にも色々あるが、名前を知っているものは多けれど、私には詳細がさっぱり分からない。恐らく私のシンフォギアXD関係のツイートを見ている方も、なんだかよく分からないと思っておられるだろう。複数掛け持ちしてソシャゲをプレイしている人もいるようだ。大学生などであれば可能なのかもしれないが、私にはとても無理だ。最近の達成ポイントを5000集めるという件など、このゲームにはオート進行も多いがそれでもやることは多い。

 私はシンフォギアXDを始めるまで、ソシャゲというものに対して冷ややかな視線を送っていた。そこまで課金していいのか。個人の自由と言えばそれまでだが、リアルギャンブルの方がまだ儲けられる可能性があるだろう、とかよくある批判だ。しかし、いざ自分でソシャゲを始めてみると、その気持ちは分からないでもない、と思うようになった。ガチャの☆5確定演出が出たりすると高まるものである。だが、それでも最低限の課金にとどめている。なお、私が課金をした場合のガチャ結果はこれまで全敗状態である。

 いくら射幸心を煽られているとしても、ある程度の年齢のプレイヤーなら、課金しすぎたのであればそれは自業自得だ。これまでの投資分が無駄になるから徹底的に金をつぎ込む。それでも常識のある人間は、ある程度まで行けば自制するものである。某クソアニメの挿入歌の歌詞を引用するなら「それこそが大人ってもんだ(文句言うな)」である。その後ガチャで爆死した人が「こーろーすーぞー♪」と思うのは自由である。犯行予告や実行さえしなければ問題ない。大人の場合、子供が親のスマホを勝手に使って課金をしまくるというのとはわけが違う。シンフォギアXDには、一か月で10万円以上課金すると通知が来るという設定がある。運営側が「これ以上は課金しすぎだ」という公式見解を示しているともいえる。これはある意味良心的か。

 酷いガチャ結果が連続すると、某クソアニメよろしく「はいクソー 二度とやらんわこんなクソゲー」という気分になる。私はこれまで二度ほどそういった心境になったことがある。「これ以上やっても時間の無駄だぞ」「当たる確率、コーエー三國志で武力が高い武将が軍師タイプに一騎打ちを挑んだ際の成立率1%以下だぞ」と言い聞かせたりする。それでも、なぜここまで引退せず続いているのか。やはり「シンフォギアだから」という一点に尽きるのではないか。多くのソシャゲプレイヤーも、その作品が好きだから、面白そうだから、という理由で始め、熱中するというパターンがほとんどだと思われる。シンフォギアXDに関しては、「シンフォギアじゃなかったらこんなのやってない」という意見をこれまで何度か見たことがある。全くその通りである。

 しかしながら、単にオリジナルシナリオを見たい、アプリ限定曲を聴きたいのであれば、ニコ動やYouTubeにアップされるプレイ動画を見れば済む話だ。なぜ時間をかけて、自分でプレイするのか。よくある解釈としては、昔から何かのカードやシール、果てはポケモン集めまで、「コレクション」という行為に親しみ、それをすることが好きな人が多かった。それが今まで続いている。こういったものだ。確かにそういった側面があることは否定できまい。誰しも、子供の頃などに何かしらを集めた思い出はあるはずである。他の理由としては、先述のように、好きな作品だからというものや、もう惰性でやっている、単にいい暇つぶしになるから、という人もいるに違いない。理由は人それぞれで、一概には言えないと思われる。

 逆に、ソシャゲを引退する時とはいつだろう。例えば大金をつぎ込んだが結局目当てのカードが出なかった場合。心が折れたということだ。他に、仕事などが忙しくてやる暇がなくなった、他のソシャゲの方が面白い(こっちのソシャゲの方が忙しい、向うは飽きた)など様々であろう。アンインストールとまではいかないが、ログインボーナスだけもらってプレイはしないという人もいるだろう。ボーナスで溜まった石でガチャを引き、いいものが出たら復帰するという寸法だ。人によって、そのソシャゲとの付き合い方・距離感は多様である。

 ソシャゲをプレイすることは義務ではないし、言うまでもなく引退するのも自由だ。これまでの積み重ねがあるから中々辞められないと思う人もいるだろう。のめり込みすぎずほどよい距離感で。やはり、これがソシャゲと長く付き合う、楽しんでやる秘訣だという結論に至る。いつかサービスが終了すれば、もう遊ぶことはできなくなる。これまで課金したものも何もかも、全て消失する。時間の無駄。そうかもしれない。しかし、そうと分かっていながら、なぜ我々はソシャゲをプレイするのか。簡単だ。結局、今楽しけれそれでよいのだ。ただ、それだけだ。深く考える必要はないのである。